プルリクエストがあるたびに自動デプロイしている環境用の証明書を作った。
ブランチ名がサブサブドメインになっているのでワイルドカード証明書が必要だった。

参考

ハマったこと

↓のせいで2回やりなおした…。

ファイル

san.cnf

$ cp /System/Library/OpenSSL/openssl.cnf san.cnf

した後、以下を各セクションに追記した。

[ req ]
req_extensions = v3_req

[ usr_cert ]
subjectAltName = @alt_names

[ v3_req ]
subjectAltName = @alt_names

[alt_names]
DNS.1 = sub.example.com
DNS.2 = *.sub.example.com

san.ext

以下の内容を書いた。

subjectAltName=DNS:sub.example.com,DNS:*.sub.example.com

最終的な手順

$ openssl genrsa -aes256 -out ca.key 2048
password
$ openssl req -new -key ca.key -out ca.csr -sha256
$ openssl x509 -days 3650 -in ca.csr -req -signkey ca.key -out ca.crt -sha256

$ mkdir demoCA
$ cd demoCA
$ mkdir private crl certs newcerts
$ echo "01" > serial
$ touch index.txt
$ cd ..

$ openssl genrsa -aes256 -out server.key 2048
$ openssl rsa -in server.key -out np.key
$ openssl req -new -key server.key -out server.csr -config san.cnf -sha256
$ openssl ca -days 3650 -cert ca.crt -keyfile ca.key -in server.csr -out server.crt -config san.cnf -md sha256 

来年にはLet's Encryptがワイルドカード対応するようだし、あまり出番はなさそう。


環境によってうまくうごかないことがわかった。
やはりLet's Encrypt待つほうが無難か。