Amazon Linux 2のディスク拡張

resize2fsではなくxfs_growfsを使う。
(growpartした後)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/recognize-expanded-volume-linux.html

EC2からFTPできなかった

Activeモードだと

500 Illegal PORT command.
ftp: bind: アドレスは既に使用中です

Passiveモードだと

227 Entering Passive Mode (0,0,0,0,234,103).
ftp: connect: 接続を拒否されました

になった。

サーバーは外部管理のもので、Passiveでの接続が保証されているか微妙だったので、Activeモードで接続する方法を探すことに。

VPC内のEC2インスタンスから外部のFTPサーバとデータ転送するときに気をつけること

完全にこの記事に救われた。

ftp.rb
require 'bundler'

require 'net/ftp'
require 'net/ftp/port_command'

ftp = Net::FTP.new('FTPサーバーのIPアドレス')
ftp.port('EIP', 10020)
ftp.login('ID', 'パスワード')

puts ftp.list

# ftp.get 'ファイル名' # データ取得する時
bundle exec ruby ftp.rb

今までろくに触ったことのなかった生のFTPをまさかの2018年に触ることになったお話でした。(触らないまま人生を終えたかった)

まぁわりと勉強になったのでよかった。

GitHub PagesとNetlifyの帯域制限

GitHub Pages

https://help.github.com/articles/what-is-github-pages/

GitHub Pages sites have a soft bandwidth limit of 100GB per month.

Netlify

https://www.netlify.com/tos/

Network Bandwidth: 100GB/month - Soft

どちらも100GB/月。

Railsのテーブル・カラム一覧をCSVで出力

したいというニーズがあった。

のでconsoleから以下を実行した。

csv = ''
tables = ActiveRecord::Base.connection.tables
tables.each do |table|
  begin
    columns = table.classify.constantize.columns.map(&:name)
    columns.each do |column|
      csv << "#{table},#{column}\n"
    end
  rescue
  end
end
File.write('table.csv', csv)

まだApplicationRecordがないプロジェクトだったのでActiveRecord::Baseになっている。

begin-rescueはモデルに対応しないテーブルがあったので入れた。

enumerizeのmultipleの値がモデルを読み直すとなくなる

Railsでenumがサポートされた後もなんだかんだお世話になっているenumerize。

https://github.com/brainspec/enumerize

極稀にmultipleオプションを使うんだけど、そのたびにタイトルの事象になる。
Modelのインスタンス作ってる時点ではちゃんとmultipleな値が入ってるんだけど、保存したものを読み直すとなくなってしまう。

原因は毎回単純で、serializeを忘れているだけなのである。(READMEをちゃんと見よう)